本田圭佑、香川真司 ブラジルW杯までの 4年間の軌跡 | THE PAGE(ザ・ページ)

スポンサーリンク

比較することにあまり意味はないけど、本田と香川の四年間の軌跡は、興味深いです。

こうしてみると、不遇時代は必ずしも続く訳ではないことが、分かる。

一喜一憂しては行けないってことだね。

目の前の結果を追い求めてしまうげど、香川がアノときマンUに残ったのは、やはり正しい判断だと思う。

なんだかんだワールドカップでも活躍するよ。彼は。

今、本当に心配なのは本田。コスタリカ戦でも様子がおかしい。

万が一、彼自身が体調に異変を感じていても決して言わないだろうな。このタイミングでは。

4年間、もっと前から?日本の意識レベルを牽引してきたと思う。

チームにも絶対必要だと思う。

ミスってもいいから、どうか、おもいっきりプレーしてほしい!

ミスって日本中があなたを攻撃しても、このblogは君をまもるぞ。

http://thepage.jp/detail/20140606-00000025-wordleaf

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

代表ユニフォーム買うなら今のウチ♪↓の左メニュー『ウェア』にまだあります。

関連記事

ピックアップ記事

2014-3-21

【動画】長友佑都2008-2014プレー集

ページ上部へ戻る